ワンタイムパスワード

EventRegistログイン時のセキュリティ強化のためのワンタイムパスワードの設定方法と、エラー時の対応についてご案内します。

ワンタイムパスワードは、あなたの大切なIDを不正利用から強力に守るセキュリティ機能です。ワンタイムパスワードを利用すると、いつもの「イベントレジストID(メールアドレス)とパスワード」でのログイン後に「ワンタイムパスワード」の認証が加わります。


ワンタイムパスワードとは?

ログインの都度自動発行され、本人のみがメールで受信することのできる、1回限り有効な使い捨てパスワードです。そのため、盗まれるリスクが著しく低く、安全です。


設定が必要な理由

万が一他人にパスワードを知られてしまっても、ワンタイムパスワードの認証が加わることで、不正利用の危険を回避できます。自己防衛のため、設定されることを強くおすすめします。


目次)

  1. ワンタイムパスワードの設定手順
  2. エラーになり認証できない場合

  3. ワンタイムパスワードの利用を停止する場合
  4. ワンタイムパスワードを受取るメールアドレスを変更する場合
  5. よくあるご質問
    ・ログインしていないのにワンタイムパスワードが送信される



1. ワンタイムパスワードの設定手順

ワンタイムパスワードを設定するには、受信用メールアドレス登録とメール受信確認、復帰用メールアドレスの登録とメール受信確認、の流れで2つのメールアドレスを登録します。
どちらのメールアドレスも、『@eventregist.com』からのメールを受信できるよう、あらかじめご設定ください。

(1) ログイン後、ページ上部の[ワンタイムパスワードを設定して、セキュリティを強化しましょう。]のメッセージをクリックしてください。
または、サイト右上のアカウント名にマウスの矢印を合わせると、メニューが表示されますので、その中から[ワンタイムパスワード]をクリックしてください。

 

(2)「ワンタイムパスワード」画面が表示され、EventRegistに会員登録しているメールアドレスが表示されます。
EventRegistに会員登録しているメールアドレス以外に、ワンタイムパスワードを受信するメールアドレスを追加することもできます。
受信メールアドレスを選択したら、[確認メールを送信]をクリックしてください。


(3) ワンタイムパスワードがメール送信されます。「【EventRegist】ワンタイムパスワード」という件名のメール内にある、ワンタイムパスワードをご確認ください。


(4) メールで届いたワンタイムパスワードを入力し、[この内容で保存]をクリックして保存します。


(5) 受信メールアドレスが登録できたら、続いて「復帰用メールアドレス」を登録します。
[メールアドレスを追加]ボタンから、 受信用のメールアドレスとは別のメールアドレスを追加し、[確認メールを送信]をクリックしてください。
※「復帰用メールアドレス」とは、万が一、ワンタイムパスワードが受信できなくなった時の予備メールアドレスです。ワンタイムパスワードを停止するために利用しますので、必ず受け取れるメールアドレスを登録してください。


(6) 復帰用メールアドレス宛に「【EventRegist】メールアドレス追加のご案内」という件名のメールが送信されます。
メール内の[メールアドレスを追加]をクリックしてください。
EventRegistログイン画面が表示されたら、会員登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

(7)「復帰用メールアドレスの選択」画面が表示されますので、先ほど追加した復帰用のメールアドレスを選択し、[確認メールを送信]をクリックしてください。

(8) 復帰用メールアドレス宛に、「【EventRegist】ワンタイムパスワード」という件名のメールが届きます。メール内のワンタイムパスワードを設定画面に入力し、[この内容で保存]をクリックしてください。

「設定情報」の画面が表示されたら、設定完了です。

help_14_6

次回以降のログイン時には、メールアドレスとパスワードを入力して[ログイン]をクリックすると、「ワンタイムパスワードの認証」画面が表示されます。
メールで届いたワンタイムパスワードを入力し[認証]をクリックするとすると、ログイン完了となります。

 


2. エラーになり認証できない場合

ワンタイムパスワードの認証がエラーになるケースとしては、以下のような原因が考えられます。

  • ワンタイムパスワードの有効期限が切れている
    ワンタイムパスワードの有効期限は10分間です。(ワンタイムパスワードの有効期限はメールに記載されています。)
  • 一度使用したワンタイムパスワードを入力した
    ワンタイムパスワードは、一度使用すると使えなくなります。

上記の場合は、お手数ですが再度ログインの操作をおこない、ワンタイムパスワードを再発行してください。

 


3. ワンタイムパスワードの利用を停止する場合

セキュリティ強化の理由から、できるだけワンタイムパスワードをご利用いただくことをお勧めしますが、やむを得ずワンタイムパスワードの利用を停止したい場合は、以下の手順で設定を行ってください。

(1) ワンタイムパスワードを入力して、イベントレジストにログインします。

(2) アカウント情報のワンタイムパスワードの設定画面を開きます。

(3) 利用状況の右にある[停止する]をクリックします。

(4) 利用状況が「利用中」から「停止中」に変更されれば、設定完了です。いったんログアウトし、ワンタイムパスワードなしでログインできることをご確認ください。
 

help_14_7




4. ワンタイムパスワードを受取るメールアドレスを変更する場合

ワンタイムパスワードの受信メールアドレス・復帰用メールアドレスを変更する場合は、以下の手順で設定してください。

(1) ワンタイムパスワードを入力して、イベントレジストにログインします。

(2) アカウント情報のワンタイムパスワードの設定画面を開きます。

(3) 変更するメールアドレスの右にある[変更する]をクリックします。

(4) 利用中のアドレスの下にある[メールアドレス追加]をクリックします。

(5) 追加メールアドレスを入力し[この内容で保存]をクリックします。

(6) 入力したメールアドレス宛に「【EventRegist】メールアドレス追加のご案内」というメールが届きますので、メール内の[メールアドレスを追加]ボタンをクリックしてください。10分間有効です。10分以上経過した場合は、イベントレジストの画面から[確認メールを再送]することが可能です。

(7) メール内のボタンをクリック後、自動的にイベントレジストの画面に戻ります。利用中のアドレスの下に表示される、追加したアドレスを選択し[確認メールを送信]をクリックします。

(8) メールで届くワンタイムパスワードを、10分以内にイベントレジストの画面内に入力します。設定情報の画面で、変更後のアドレスが表示されれば設定変更完了です。

 


5. よくあるご質問

Q.ログインしていないのにワンタイムパスワードが送られてきました。なぜですか?

通常は、アカウントとログインパスワードを入力し、「ログイン」を押下したあとにワンタイムパスワードが送信されます。

以下の状況に該当していないかをご確認ください。

  • ブラウザにログイン情報が保持されている
    前回イベントレジストをご利用された際、ログアウトせずにブラウザを閉じると、ブラウザにログイン情報が保持された状態となることがあります。その状態で、次にブラウザを開いたときに、自動的にワンタイムパスワードが送信されることがあります。
    ご家庭や職場で共有のパソコンをご利用されている場合に、起こりやすい事象といえます。
  • ひとつのメールアドレス(アカウント)を複数名で利用している
    イベント事務局の管理用アカウントなど、ひとつのメールアドレス(アカウント)で複数名がログイン可能な状態の場合、どなたかがログイン操作をしたときに、設定したメールアドレス宛にワンタイムパスワードが送信されます。


上記に当てはまらず、不正アクセスが疑われる場合は、下記もご確認ください。

  • 誰かが不正にアカウントを利用したときには、第三者によってログインパスワードが変更されるケースが考えられますので、まず、ご自身でログインができるかどうかをご確認ください。
    https://eventregist.com/login
  • ログイン後に、ご自身で操作された覚えのないお申込みや、イベント作成が無いかをご確認ください。弊社に該当のアカウントをお知らせいただければ、お申込みやイベント作成の履歴をお調べすることも可能です。
    確認内容に齟齬がなければ、第三者によって操作されていないと判断できるかと思います。
    <チケット申込確認>
    ページ上部のグレーのバーより、「 マイチケット」をご覧ください。一度もイベントに申込んだことが無ければ「 マイチケット」は表示されません。
    参考: マイチケット画面の使い方(ヘルプページ)
    <イベント作成確認>
    ページ上部のグレーのバーより、「マイイベント」をご覧ください。一度もイベントを作成したことが無ければ「 マイイベント」は表示されません。
    参考:マイイベント:作成したイベントの管理ページ(ヘルプページ)
  • 必要であれば、ログインパスワードをご変更ください。
    参考: ログインパスワード変更(ヘルプページ)