新しいイベントを作る

EventRegist で新しいイベントを作成する方法についてご案内します。

EventRegist で新しいイベントを作成するには、まず会員登録をおこなってください。

新規会員登録についてはこちら

会員登録ができたら、EventRegist にログインし、以下の手順にそって操作してください。


手順)


設定方法を動画でご案内しています。

イベントの作成方法とよく使われる編集機能(5分30秒)




STEP1. 基本情報を入力する

新しくイベントを作成するには、まずトップページの右上にある[新しいイベントを作る]をクリックしてください。


「基本情報」の設定画面が表示されます。

  • イベント名:
    イベントの名前を入力する欄です。お好きなイベント名をご入力ください。
  • パスワードロック:
    イベントページを限られた人のみ閲覧できるようにしたい場合、イベントページにアクセスした際にパスワード入力を求めることができます。
    パスワードロックをオンにしたい場合は「パスワードを入れないとイベントページが見られないようにする」にチェックを入れ、お好きなパスワードを設定してください。
    パスワードに使える文字は、全角英数字、半角英数字、全角かな、半角カナ、記号です。

    ▼イベントページのパスワード入力画面 表示イメージ
    help_20_2
  • イベントページのURLカスタマイズ:
    予め表示されているランダムな文字列を、お好きな文字列(半角英数字)にカスタマイズ(変更)することができます。
    -(ハイフン)、_(アンダーバー)はご利用可能です。
    .(ドット)、/(スラッシュ)はご利用いただけません。

    カスタマイズしない場合は、予め表示されているランダムな文字列が適用されます。
    カスタマイズした場合は、以下のようなURLになります。

    http://eventregist.com/e/お好きな文字列


    EventRegist-enavle(エネイブル)をご利用の場合、イベントの連携を行うと、EventRegistのイベントページURL(末尾)が引き継がれ、enavleの視聴ページに同じURL(末尾)が設定されます。

 

【パスワードロックの設定とURLカスタマイズについて】

  • URLカスタマイズを行う場合は、必ず、この時点で設定してください。[下書き保存]ボタン、[この内容でイベントページを作成]ボタンをクリックしたあとは、URLは変更できません。
  • URLカスタマイズとパスワードロックを、同時に設定することはできませんので、下記の手順でご設定ください。
  1. イベント作成画面で、パスワードロックは設定せず、URLをカスタマイズする
  2. チケット情報などその他の項目も入力し、[下書き保存]する
  3. 左側メニューから「パスワードロック」を設定する(設定方法はこちら
  4. イベントを公開する

【設定したURLの確認方法について】

  • 管理画面内では、設定したURLは確認できません。
  • 設定したURLを確認するには、イベントを「公開」し、実際のイベントページ(チケット申込ページ)にアクセスしてください。イベントが「下書き」状態では、URLを確認することができません。
    ※イベントを「公開」すると、そのイベントページを削除することはできません。「下書き」のイベントは、削除可能です。
  • 改めてURLをカスタマイズする必要が生じた場合は、[新しいイベントを作る]か、既存のイベントを[複製]し、ご希望のURLを設定してください。

【ご注意】

  • 公開したイベントを、削除したり、下書きに戻すことはできません。
  • 削除が必要な状況になった場合は、イベントを中止し、改めて新しいイベントを作成してください。
  • 閲覧制限を行う場合は、パスワードロックを設定してください。

 


STEP2. 開催情報を入力する

イベントの開催日時や開催形式、会場などを入力します。

■開催日時

help_20_3

  • 開催日時:
    イベントの開始日時、終了日時を入力します。
    日付は必須項目です。日程が未定の場合はひとまず仮の日付を設定し、[開始日時を公開しない][終了日時を公開しない]をチェックすると、イベントページには日付が表示されません。
    時間が未定の場合は、[開始時間未定][終了時間未定]をチェックすると、時間の枠が空欄になります。イベントページには「時間未定」と表示されます。
    日付、時間ともあとから変更することができます。
  • タイムゾーン:
    イベントが開催される場所のタイムゾーンを選択します。

■開催形式・開催場所

help_20_3_2


  • 開催形式:
    オフライン開催/ハイブリッド開催/オンライン開催 のいずれかを選択してください。開催形式は必須項目で、あとから変更することもできます。
    「イベントの開催形式を掲載する」にチェックを入れると、イベントページに開催形式のバッジが表示されます。(オフラインは赤、ハイブリッドは緑、オンラインは青)

    ▼ イベントページ 表示イメージ
    開催形式_イベントページ

    開催形式を「オンライン」に設定した場合でも、申込み確認メールや、申込者のマイチケットには、主にオフラインイベントで利用するPDFチケットが添付/表示されます。
    Premium機能をご利用いただくと、PDFチケットを添付しない/表示しない設定を行うことができます。
    イベントページ作成後に、追加で、チケットの配信/表示設定を行ってください。
    【Premium】チケットの配信/表示設定について

  • チケット名:開催場所:
    選択した開催形式に合わせて、会場名や配信方法を入力します。
    *オンライン開催の場合は、配信方法、配信URL告知のタイミングを設定できます。オンライン会場名の欄には「オンライン」と表示されていますが、イベントページには掲載されません。
    *オフライン開催の場合は、会場名や所在地、Googleマップの表示などを設定できます。
    *ハイブリッド開催の場合は、オフライン・オンライン 両方の設定欄が表示されます。

    オフラインの開催場所の詳細を入力するには[掲載する(会場の所在地やURLなどを入力)]をチェックすると、入力欄が表示されます。
    初期状態で[Googleマップを表示する]にチェックが入っています。所在地の入力に応じて、Googleマップが表示されますので、表示範囲やポインターの位置を調整してください。

    help_20_8



STEP3. チケットと金額設定

チケットを登録します。有料チケット、無料チケットともに設定することができます。
複数の種類のチケットを登録したい時は、[チケットの種類を追加]をクリックしてください。チケットはあとから追加することもできます。

【ご注意】

作成したチケットの「チケット価格」は、あとから変更することはできません。また、一度でも申込がある場合、「チケット名」の変更と、チケットの削除はできません。既に申込まれたチケットの情報をあとから変更すると、申込者の方の混乱を招く可能性があるためです。詳しくはこちら

削除が必要な状況になった場合は、該当のチケットを「非公開」とし、新たに正しいチケットを作成してください。「非公開」に設定すると、イベントページには掲載されません。


  • チケット名:
    イベント参加者が申込む、チケットの名称です。
    たとえば「A席」「プレス席」「参加費」など、任意の名称を入力してください。
  • 金額:
    チケットの金額です。税込金額を入力してください。
    最低金額は500円です。(500円未満のチケットを販売したい場合は、別途ご相談ください)
    無料チケットの場合は[無料]にチェックします。
  • 数量:
    チケットの枚数です。チケットは設定した枚数まで自動的に申込みされ、上限に達すると「売切」と表示されます。


無料チケットのイベント作成手順は以上となります。
ページ下部の[この内容でイベントページを作成]をクリックすると、イベントが作成されます。
必要に応じてイベントページのデザイン編集、チケットの詳細設定にお進みください。

イベントページのデザイン編集についてはこちら

チケットの詳細設定についてはこちら


有料チケットの場合は、STEP4にお進みください。

 


STEP4. 入金先と領収書データの設定

有料チケットの場合は、「入金先」と「領収書データ」の設定項目が表示されます。
無料チケットの場合は、表示されません。

■入金先
口座情報を入力してください。入金先は、あとから設定することもできます。

【ご注意】

イベント終了後10営業日以内に、イベントレジストから、手数料を差し引いたチケット売上金額をお振込いたします。お振込先の口座情報を正確に入力してください。
[後で設定する]を選択すると入力をスキップすることができますが、イベント終了日時までに口座情報が設定されていないと、当社からのお振込が遅れる場合がありますので、ご注意ください。


help_20_5


領収書データに記載する主催者情報

有料チケット申込者に対して、[領収書データの発行を許可しない]か[許可する]かを選択します。
[許可する]を選択すると、有料チケット申込者の「マイチケット」ページに、領収書データを表示させることができます。
領収書データに記載する、主催者情報を入力してください。

help_20_6


    有料チケットを販売した後、主催者様都合でキャンセルされる場合は、以下にご注意ください。

    【ご注意】

    キャンセルの実施日が、申込日から50日以上経過している場合、購入チケットの払い戻しは、販売済みのチケット1枚あたり以下の手数料をイベント主催者の方から頂戴いたします。

    • チケット代金 3,000円/枚以下 の場合 : キャンセル手数料は 300円/枚
    • チケット代金 3,001円/枚以上 の場合 : キャンセル手数料は チケット代金の10%/枚


      入力が完了したら、ページ下部の[この内容でイベントページを作成]をクリックすると、イベントが作成されます。
      必要に応じて、イベントページのデザイン編集、チケットの詳細設定にお進みください。

      イベントページのデザイン編集についてはこちら

      チケットの詳細設定についてはこちら


      ■イベントページでのチケット 表示イメージ

      ※無料チケットのみの場合は、クレジットカードのアイコンは表示されません。

       


      その他. 公開・削除・下書きについての注意事項

      • イベントを「公開」したあとは、下書きに戻したり、削除することはできません。
      • イベントが「下書き」のときは、削除が可能です。
      • イベントが「下書き」のときは、イベント作成に必要な項目のみが表示されます。「公開」すると、すべての設定項目が表示されます。
      • 誤ってイベントを「公開」してしまった場合は、パスワードロックを設定することで閲覧制限を行えます。パスワードロックを設定したうえでイベントを「中止」し、改めてイベントを作成してください。

      イベントページのパスワードロックについて

      イベントの中止について